スポンサーサイト

JF3 NーBOXのミッションオイル・ストレーナーの交換です

スポンサーサイト

3月に1回目の車検が来ました。なんと走行距離5万キロ超えてました。東北行脚でちょっと走りすぎたかな・・・。w
YouTube動画やブログなどJF3 N-BOXでミッションオイル交換する人があまりいなかったので、私のチャンネルでやらなければと・・・DIYーどうなってもいいからやってみよう!もしこのサイトをきっかけに交換される方は、自己責任でお願いします。

まずは、交換部品とミッションオイルです。ちなみにですが、パーツ買入時ミスりました。オイルフィルターも購入したのですが、ストレーナーが付いてるさらに奥の部分にあり、ミッションの一部を分解しないと交換出来ない事が後日判明しました。

店舗でパーツリストにあるからと言われ、簡単に交換できるもだと思い購入してしまいました。しかし、さすがに3年落ちのN-BOXなので、今回はフィルター交換のチャレンジは見送りました。数年後リベンジしたいと思ってます。

ストレーナー・ガスケット・ドレンパッキン・オイルフィルター
トルクレンチ・ラチェット・クリップ外し・他

それでは、始めていきたいと思います。まず、ジャッキアップした状態からのスタートになりますね。ミッションドレンボルト位置は、エンジン左側にあります。タイヤ外す写真ありませんでした。^^;

それから、GoProでタイヤ取り外しから一連の動作を撮ってたんですけど、データエラーで消えちゃいました。マジ凹みました。w
画像少なくなってしまいますが、携帯動画は撮れていたので助かりました。

オイルパン外したところです。

取り外したオイルパンの状態です。それなりに汚れてます。

オイルパン
マグネット
マグネット

CVTミッションオイルは、初期のうちに鉄粉が多く出ると思い、オイルパンも外して交換する事にしましたが、ものすごく汚れがひどい感じではありませんでした。次回以降は、ミッションオイルのみでよさそうです。ですがどこかのタイミングで、オイルフィルターも交換したいですね。

抜いたオイルと新油を比べたらこんな感じです。黒く見えていますが、太陽に向けてみると反対側が透けて見える程度の汚れ具合です。

左側が新油です。

CVTのミッションオイル交換うまくいって良かったです。
交換後の試し走行の時も、気のせいかもしれませんが、ミッションの変則具合が滑らかになって、静かになったような気がします。あくまでも個人的な感想です。

車系YouTubeさんの足元にも及びませんが、ひっそりDIYやっていきたいと思います。

 

 ※作業データです。

  • オイルパン用ドレンボルト締め付けトルク 49Nm
  • 本体注入口ドレンボルト締め付けトルク 44Nm
  • オイルパン取り付けボルト 13Nm
  • ミッションオイル量 規定値2.5ℓ(実際に入れた量は約3.2ℓ)
タイトルとURLをコピーしました