スポンサーサイト

中村憲剛さんの行動力に感銘して!

スポンサーサイト

今年から川崎フロンターレのファンクラブに入会する事になりました。なぜ入会する事になったのか、あまり感銘を受けた事がない私が、衝動的にとってしまった行動とは・・・自分でもびっくりしてますが、妻はもっと驚いてました。w

話の続きが気になったあなたは、何に感銘したのか分かって頂けると思いますので、このまま読み進めて頂けたら幸いです。そう思わなかったあなたも、感銘してもらえるかもしれませんので、話の続きをどうぞ!

2020年新ユニホームも注文完了して準備万全です。すぐに駆け付ける事が難しいですが、本拠地等々力陸上競技場に行って、大歓声を肌で感じたいですね。現在茨城県在住なので、アントラーズ戦の応援に駆け付けます。

なぜ?川崎フロンターレのファンクラブ・・・

ちょっとだけ語らせてください。私は、東日本大震災直後大船渡市への配送業務に携わっていました。その頃は、復興途中で国道45号の通りも少しづつ片付き始めていた頃です。しかし、奇跡の一本松がある陸前高田市など写真のような状態でした。今でもその悲惨な状況が脳裏に焼き付いています。

陸前高田市 震災遺構です
陸前高田市 野球場跡

川崎フロンターレのファンの話と、どんな関係性があるの?と思いますよね。その関係性について説明しますね。それは、妻から川崎フロンターレの算数ドリルの話を聞いたのがきっかけでした。

簡単に話すと、川崎フロンターレが陸前高田市の小学校で、教材が津波で流されて不足している事を知り、川崎市と川崎フロンターレで「社会貢献の一環として」オリジナル算数ドリル約800部に中村憲剛さんのサインを入れて、練習着やサッカーボールと一緒に寄贈したんですね。

そして、映画「ONE FOUR KENGO THE MOVIE ~憲剛フロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語~」を見て感銘したのがきっかけで、妻と一緒にファンクラブ入会する事を決意しました。この映画見てない人は、チャンスがあったら絶対見て下さい!!マジで感動します。

茨城から見にいちゃいました!感動しました!

そして、中村憲剛選手を知り、企業理念を知り、陸前高田市の事を知り『フロサポに俺はなる👒』ってスイッチが入っちゃいました。wファンの方なら知っていると思いますが、元々陸前高田市にあった酔仙酒造すいせんしゅぞうも震災の被害で、大船渡市に酒蔵さかぐらを移設する事になり、配送業務で納品先として関りを持つ事になったんですね。

交流をこえて「陸前高田市の課題解決を川崎フロンターレがサポートする」取り組みへのチャレンジが進められ、基幹産業の農業分野で、耕作放棄や農業の担い手不足など、多くの問題・課題を抱えていました。それに答える形で、マスコットキャラクター「ふろん太」の名前をかんした田んぼ「ふろん田」が誕生しました。

選手やボランティアなどみんなで、「ふろん田」で田植えから収穫まで携わり、そして収穫された「たかたのゆめ」をもとに酔仙酒造が作り上げたのが、チームコラボ商品の日本酒「青椿」です。この色々なつながりを持った事も、ファンクラブに入会するきっかけの一つですね。

こんなに偶然が重なる事ってありませんよね?もう運命ですね!出会うべき人・場所・チームなんだと・・・これはもう必然ですね!!

まとめ

色々な偶然が重なり、川崎フロンターレのファンクラブに入会する事になりました。初めは、妻だけがファンクラブに入るって事になってたんですけど、まさか私がファンクラブに入る事になるとは、想像もしていませんでした。

そして、映画に感動する事も想定外でした。妻もとても驚いていて、サプライズのような出来事になってしまいました。そして、中村憲剛さんの行動力に感銘して、衝動的にとった行動がファンクラブに入会する事だったんですね!!

だから、宣言します!三陸地方と川崎フロンターレを応援させてもらいます!!

陸前高田市 奇跡の一本松

コメント

タイトルとURLをコピーしました